2018年12月に購入した本・ご恵贈頂いた本

 以下の本を購入しました。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4

TOEIC(R) L&Rテスト YBM超実戦模試リーディング1000問

TOEIC(R) L&Rテスト YBM超実戦模試リーディング1000問

1日1分! TOEIC L&Rテスト 炎の千本ノック!  これなら続けられる英語の筋トレ

1日1分! TOEIC L&Rテスト 炎の千本ノック! これなら続けられる英語の筋トレ

スコアに直結!IELTS徹底対策テキスト&問題集

スコアに直結!IELTS徹底対策テキスト&問題集

IELTSライティング完全対策

IELTSライティング完全対策

【音声ダウンロード付】実践IELTS技能別問題集ライティング

【音声ダウンロード付】実践IELTS技能別問題集ライティング

 そして、以下の本をご恵贈頂きました。心より感謝を申し上げます。

大学と社会をつなぐライティング教育

大学と社会をつなぐライティング教育

Recurrent multiword combinations in L1 and L2 argumentative essays

 Asian EFL Journalというジャーナルに、以下の論文が掲載されました(こちらからダウンロードすることができます)。

  • Narita, M., Kobayashi, Y., & Abe, M. (2018). Recurrent multi-word combinations in L1 and L2 argumentative essays. Asian EFL Journal, 20(12), 250-275.
  • Abstract
    • This study investigated the recurrent use of multi-word combinations in argumentative essays produced by two groups of Japanese EFL college students of differing English proficiency, with a primary focus on the distinction between topic-dependent and topic-independent word combinations. A frequency-based, corpus-driven approach was employed to examine not only the extent to which topic-induced wordings may be recycled in essay writing but also structural and functional characteristics of topic-independent four-word combinations (often referred to as four-word lexical bundles in previous studies). Comparisons were also made with argumentative essays produced by two groups of native English writers split between college students and adults in employment, who might differ in writing experience. It was found that the recurrent use of topic-dependent multi-word combinations was particularly frequent in EFL learner writing irrespective of English proficiency level whereas that of topic-independent four-word combinations was much more frequent and varied in essays by student writers irrespective of their L1 background. Learner writing was also characterized as spoken-like as a result of the frequent use of VP-based word combinations functioning as stance-marking or referential expressions. Recurrent patterns of multi-word combinations observed in learner writing in this study strongly suggest that Japanese EFL learners tend to resort to one particular writing strategy that is widely taught in exam-oriented L2 writing classrooms in Japan. Pedagogical implications of these findings are also discussed.

2018年11月に購入した本

 以下の本を購入しました。

Sentiment Analysis: Mining Opinions, Sentiments, and Emotions

Sentiment Analysis: Mining Opinions, Sentiments, and Emotions

Sentiment Analysis in Social Networks

Sentiment Analysis in Social Networks

  • 作者: Federico Alberto Pozzi,Elisabetta Fersini,Enza Messina,Bing Liu
  • 出版社/メーカー: Morgan Kaufmann
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
Classroom Writing Assessment and Feedback in L2 School Contexts

Classroom Writing Assessment and Feedback in L2 School Contexts

英語コーパス研究シリーズ 第3巻?コーパスと辞書

英語コーパス研究シリーズ 第3巻?コーパスと辞書

数字が明かす小説の秘密 スティーヴン・キング、J・K・ローリングからナボコフまで

数字が明かす小説の秘密 スティーヴン・キング、J・K・ローリングからナボコフまで

データサイエンス入門 (岩波新書)

データサイエンス入門 (岩波新書)

2018年10月に購入した本・ご恵贈頂いた本

 以下の本を購入しました。

Statistics in Corpus Linguistics: A Practical Guide

Statistics in Corpus Linguistics: A Practical Guide

Hedging in Scientific Research Articles (Pragmatics & Beyond New Series)

Hedging in Scientific Research Articles (Pragmatics & Beyond New Series)

サンプリングって何だろう――統計を使って全体を知る方法 (岩波科学ライブラリー)

サンプリングって何だろう――統計を使って全体を知る方法 (岩波科学ライブラリー)

究極の英語ライティング

究極の英語ライティング

 そして、以下の本をご恵贈頂きました。心より感謝を申し上げます。

日本語文法史研究 4

日本語文法史研究 4

CamTESOL 2019から採択通知

 来たる2019年2月15〜17日にカンボジアプノンペンで開催されるCamTESOL 2019に採択されました。私は、15日のRegional ELT Research Symposiumで30分の口頭発表を行う予定です。

  • Yuichiro Kobayashi (2019). Second language discourse in Asian Englishes: A corpus-based approach. CamTESOL 2019.

 例によって急に校務が入る可能性もありますが、、、久しぶりに海外で口頭発表をするのが楽しみです。また、テーマ的にアジア英語の話なので、(特に、東南アジアの参加者から)様々なフィードバックが得られることを期待しています。