2018年度の総括

 今年度は、昨年度以上に校務が忙しく、あまり研究に時間を割くことができませんでした(時間がないというよりは、精神的に疲れて研究をする意欲が下がっていたという方が正確かもしれません)。部署内の人数が大幅に減ることにより、来年度も激務が予想されますが、細々とでも研究を続けていきたいと思います。

  • 著書
  • 査読つき論文
    • Masumi Narita, Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe (2018). Recurrent multiword combinations in L1 and L2 argumentative essays. Asian EFL Journal, 20(1), 250-275.
    • 中條清美・濱田彰・小林雄一郎・Michelle Johnson (2018). 「英語初級者向け教育用例文コーパスSCoREの英文難易度評価」 『日本大学生産工学部研究報告B』51, 27-36.
    • 中條清美・濱田彰・若松弘子・小林雄一郎・横田賢司・内山将夫・赤瀬川史朗・Michelle Johnson・西垣知佳子 (2018). 「教育用例文コーパスSCoRE第4次開発」 『日本大学生産工学部研究報告B』51, 1-12.
  • 査読なし論文
    • (なし)
  • その他の文章
    • 林雄一郎 (2018). 「ライティングの自動採点で語順はどのように扱われるか」 『英語教育』 67(2), 32.
  • 国際会議
    • Yuichiro Kobayashi (15th February, 2019). Second language discourse in Asian Englishes: A corpus-based approach. CamTESOL 2019 (at Institute of Technology, Cambodia).
    • Yuichiro Kobayashi, Yusuke Kondo & Mariko Abe (17th September, 2018). Predicting EFL learners’ oral proficiency levels in monologue tasks. Asia Pacific Corpus Linguistics Conference 2018 (at Sunport Hall Takamatsu, Japan)
    • Mariko Abe, Yusuke Kondo & Yuichiro Kobayashi (11th July 2018). Constructing a longitudinal learner corpus. The 12th International Free Linguistics Conference (University of Malaya, Malaysia)
    • Mariko Abe, Yusuke Kondo, Yuichiro Kobayashi, Akira Murakami & Yasuhiro Fujiwara (20th July, 2018). Initial findings from a longitudinal learner corpus: A year-long development of L2 speaking performance. Teaching and Learning Corpora 2018 (at the University of Cambridge, UK)
    • Kiyomi Chujo, Atsushi Mizumoto, Yuichiro Kobayashi, Akira Hamada & Kathryn Oghigian (19th July, 2018). Evaluating the appropriateness of the sentence corpus of remedial English to benefit beginner level EFL students. Teaching and Learning Corpora 2018 (at the University of Cambridge, UK)
    • Yusuke Kondo, Mariko Abe, Yutaka Ishii, & Yuichiro Kobayashi (21st August, 2018). The relationship between word error rate in automatic speech recognition and proficiency of L2 speech. PAAL 2018 (at Juntendo University, Japan)
  • 国内会議
    • 黒田航・横野光・阿部慶賀・土屋智行・浅尾仁彦・小林雄一郎・金丸敏幸・田川拓海 (2019年3月13日). Insights from a large scale web survey for Acceptability Rating Data for Japanese (ARDJ) project. 言語処理学会第25回年次大会(於 名古屋大学
    • 濱田彰・小林雄一郎 (2018年12月15日). 「データ駆動型文法学習を促進する英語例文の特徴―学習者による主観的評価のモデリングから」 英語コーパス学会DDL SIGシンポジウム 2018(於 早稲田大学
  • 講演・セミナー・ワークショップ

2019年3月に購入した本・ご恵贈頂いた本

 以下の本を購入しました。

新メガ模試1200問 TOEIC® L&R テスト VOL. 1

新メガ模試1200問 TOEIC® L&R テスト VOL. 1

新メガ模試1200問 TOEIC® L&R テスト VOL.2

新メガ模試1200問 TOEIC® L&R テスト VOL.2

TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング700問

TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング700問

TOEIC L&Rテスト でる模試 リーディング700問

TOEIC L&Rテスト でる模試 リーディング700問

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

【新形式問題対応/CD-ROM付】  TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問

【新形式問題対応/CD-ROM付】 TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問

パーフェクト攻略IELTSライティング 改訂版

パーフェクト攻略IELTSライティング 改訂版

  • 作者: 川端淳司,ジェフトーザ,トフルゼミナール,Geoff Tozer
  • 出版社/メーカー: テイエス企画
  • 発売日: 2017/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
ライティング・スピーキングも怖くないIELTS完全対策

ライティング・スピーキングも怖くないIELTS完全対策

 そして、以下の本をご恵贈頂きました。心より感謝を申し上げます。

テキストマイニング入門: ExcelとKH Coderでわかるデータ分析

テキストマイニング入門: ExcelとKH Coderでわかるデータ分析

2019年2月に購入した本

 以下の本を購入しました。

Rで学ぶ マルチレベルモデル[入門編]: 基本モデルの考え方と分析

Rで学ぶ マルチレベルモデル[入門編]: 基本モデルの考え方と分析

なぜあなたの研究は進まないのか?

なぜあなたの研究は進まないのか?

なぜあなたは論文が書けないのか?

なぜあなたは論文が書けないのか?

なぜあなたの発表は伝わらないのか? できてるつもり! ?そこが危ないプレゼンテーション

なぜあなたの発表は伝わらないのか? できてるつもり! ?そこが危ないプレゼンテーション

お笑い芸人の言語学: テレビから読み解く「ことば」の空間

お笑い芸人の言語学: テレビから読み解く「ことば」の空間

The Official Guide to the TOEFL Test with DVD-ROM, Fifth Edition

The Official Guide to the TOEFL Test with DVD-ROM, Fifth Edition

ETS TOEICの定期試験既出問題集1000 LISTENINGリスニング

ETS TOEICの定期試験既出問題集1000 LISTENINGリスニング

ETS TOEICの定期試験既出問題集1000 READINGリーディング

ETS TOEICの定期試験既出問題集1000 READINGリーディング

ちいさい言語学者の冒険――子どもに学ぶことばの秘密 (岩波科学ライブラリー)

ちいさい言語学者の冒険――子どもに学ぶことばの秘密 (岩波科学ライブラリー)

コウペンちゃんと中学英語をおさらいする本

コウペンちゃんと中学英語をおさらいする本

NLP 2019から採択通知

 来たる3月12日~15日、名古屋大学言語処理学会第25回年次大会 (NLP2019) が開催されます。そして、3月13日の午後に、私も共著者になっている発表があります*1。ご関心のある方は、是非お越しくださいませ。

  • 黒田航・横野光・阿部慶賀・土屋智行・浅尾仁彦・小林雄一郎・金丸敏幸・田川拓海 (2019年3月13日). Insights from a large scale web survey for Acceptability Rating Data for Japanese (ARDJ) project. 言語処理学会第25回年次大会(於 名古屋大学

2019年1月に購入した本

 以下の本を購入しました。

P値 ―その正しい理解と適用― (統計スポットライト・シリーズ)

P値 ―その正しい理解と適用― (統計スポットライト・シリーズ)

言葉と数式で理解する多変量解析入門

言葉と数式で理解する多変量解析入門

再現可能性のすゝめ (Wonderful R 3)

再現可能性のすゝめ (Wonderful R 3)

みんなのR 第2版

みんなのR 第2版

教育・心理・言語系研究のためのデータ分析 研究の幅を広げる統計手法

教育・心理・言語系研究のためのデータ分析 研究の幅を広げる統計手法

できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書)

できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書)

できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント (KS語学専門書)

できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント (KS語学専門書)