日本大学生産工学部研究報告B 51

 勤務先が発行している紀要に共著論文が2本掲載されました。これらは、研究分担者として参画している科研プロジェクトの成果です。

APCLC 2018から採択通知

 来たる2018年9月17〜19日に高松で開催されるThe Asia Pacific Corpus Linguistics Conference (APCLC) 2018に採択されました。現在、研究分担者として参画している科研プロジェクトで収集しているスピーキングデータを使った習熟度推定実験に関する報告です。授業期間中の開催ではありますが、何とかスケジュールをやり繰りして発表したいと思います。

  • Yuichiro Kobayashi, Yusuke Kondo & Mariko Abe (2018). Predicting EFL learners’ oral proficiency levels in monologue tasks. APCLC 2018.

2018年5月に購入した本

 以下の本を購入しました。

Mixed-Effects Regression Models in Linguistics (Quantitative Methods in the Humanities and Social Sciences)

Mixed-Effects Regression Models in Linguistics (Quantitative Methods in the Humanities and Social Sciences)

Handbook of Second Language Assessment (Handbooks of Applied Linguistics)

Handbook of Second Language Assessment (Handbooks of Applied Linguistics)

テキストマイニング2018

 来たる6月9〜10日、同志社大学でセミナー「テキストマイニング2018」が開催されます。そこで、私も急遽お話しさせて頂くことになりました*1。このような発表の機会を頂きましたことに、心から感謝を申し上げます。なお、全体のプログラムについては、こちらをご参照ください。

(2018年6月20日追記)本セミナーの発表資料の一部がこちらで公開されたようです。

*1:今回の発表は、QUALICO2016で発表した内容を日本語にしたものです。

2018年4月に購入した本・ご恵贈頂いた本

 以下の本を購入しました。

データサイエンティストのための最新知識と実践 Rではじめよう! [モダン]なデータ分析

データサイエンティストのための最新知識と実践 Rではじめよう! [モダン]なデータ分析

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

教育の効果: メタ分析による学力に影響を与える要因の効果の可視化

教育の効果: メタ分析による学力に影響を与える要因の効果の可視化

 そして、以下の本をご恵贈頂きました。心より感謝を申し上げます。