TaLC2018から採択通知

 来たる2018年7月18〜21日にイギリスのケンブリッジで開催されるTeaching and Learning Corpora (TaLC) 2018に2件採択されました。

  • Abe, M., Kondo, Y., Kobayashi, Y., Murakami, A., & Fujiwara, Y. (2018). Initial findings from a longitudinal learner corpus: A year-long development of L2 speaking performance. Teaching and Learning Corpora 2018.
  • Chujo, K., Mizumoto, A., Kobayashi, Y., Hamada, A., & Oghigian, K. (2018). Evaluating the appropriateness of the sentence corpus of remedial English to benefit beginner level EFL students. Teaching and Learning Corpora 2018.

 私は校務でTaLCに参加できない可能性もありますが、もしどなたか参加される方がいらっしゃいましたら、発表にお立ち寄り頂ければ幸いです。

2018年2月に購入した本

 以下、順不同です。

統計的自然言語処理の基礎

統計的自然言語処理の基礎

仕事ではじめる機械学習

仕事ではじめる機械学習

Rプログラミング本格入門: 達人データサイエンティストへの道

Rプログラミング本格入門: 達人データサイエンティストへの道

統計的学習の基礎 ―データマイニング・推論・予測―

統計的学習の基礎 ―データマイニング・推論・予測―

  • 作者: Trevor Hastie,Robert Tibshirani,Jerome Friedman,杉山将,井手剛,神嶌敏弘,栗田多喜夫,前田英作,井尻善久,岩田具治,金森敬文,兼村厚範,烏山昌幸,河原吉伸,木村昭悟,小西嘉典,酒井智弥,鈴木大慈,竹内一郎,玉木徹,出口大輔,冨岡亮太,波部斉,前田新一,持橋大地,山田誠
  • 出版社/メーカー: 共立出版
  • 発売日: 2014/06/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
概説コーパス言語学―手法・理論・実践

概説コーパス言語学―手法・理論・実践

ベストセラーコード 「売れる文章」を見きわめる驚異のアルゴリズム

ベストセラーコード 「売れる文章」を見きわめる驚異のアルゴリズム

第二言語習得キーターム事典

第二言語習得キーターム事典

TOEIC L&R TEST 初心者特急 パート1・2 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEIC L&R TEST 初心者特急 パート1・2 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

Development of acceptability rating data for Japanese (ARDJ): An initial report

 来たる3月12日~16日、岡山コンベンションセンター言語処理学会第24回年次大会 (NLP2018) が開催されます。そして、3月13日の午前中に、私も共著者になっている発表があります*1。ご関心のある方は、是非お越しくださいませ。

2018年1月に購入した本・ご恵贈頂いた本

 以下の本を購入しました。

Corpora and Language Teaching (Studies in Corpus Linguistics)

Corpora and Language Teaching (Studies in Corpus Linguistics)

Exploring Second-Language Varieties of English and Learner Englishes: Bridging a Paradigm Gap (Studies in Corpus Linguistics)

Exploring Second-Language Varieties of English and Learner Englishes: Bridging a Paradigm Gap (Studies in Corpus Linguistics)

Collocations in a Learner Corpus (Studies in Corpus Linguistics)

Collocations in a Learner Corpus (Studies in Corpus Linguistics)

Spanish Learner Corpus Research: Current Trends and Future Perspectives (Studies in Corpus Linguistics)

Spanish Learner Corpus Research: Current Trends and Future Perspectives (Studies in Corpus Linguistics)

Errors and Disfluencies in Spoken Corpora (Benjamins Current Topics)

Errors and Disfluencies in Spoken Corpora (Benjamins Current Topics)

コーパスと自然言語処理 (講座日本語コーパス)

コーパスと自然言語処理 (講座日本語コーパス)

 そして、以下の本をご恵贈頂きました。心より感謝を申し上げます。

Pythonによるテキストマイニング入門

Pythonによるテキストマイニング入門

Rによる機械学習入門

Rによる機械学習入門

Rによるノンパラメトリック検定

Rによるノンパラメトリック検定

マンガでわかるベイズ統計学

マンガでわかるベイズ統計学

経済学部は理系である!?

経済学部は理系である!?

Developmental patterns of metadiscourse in second language writing

 Journal of Pan-Pacific Association of Applied Linguisticsというジャーナルに、以下の論文が掲載されました(こちらからダウンロードすることができます)。

  • Yuichiro Kobayashi (2017). Developmental patterns of metadiscourse in second language writing. Journal of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics, 21(2), 41-54.
  • Abstract
    • The present study aimed to profile the developmental patterns of discourse in second language (L2) writings among different first language (L1) groups. Applying the list of metadiscourse markers proposed by Ken Hyland to learner language, this study investigates variation of metadiscourse across proficiency levels, as well as across L1 backgrounds. Using the International Corpus Network of Asian Learners of English, the present study compared the frequencies of metadiscourse markers used in the writings among different learner groups. The results suggest that the six learner groups that were compared have diverse frequency change patterns of metadiscourse features across proficiency levels. To be specific, Japanese learners’ heavy reliance on self-mentions and boosters is remarkably antithetical to Thai learners’ preference of engagement markers and hedges. Moreover, B2 and higher level learners in China and Taiwan exhibited greater numbers of evidential patterns (hereafter evidentials) than learners in other groups. These differences can be attributable to their L1 rhetorical strategy, not to their lexical and grammatical competence. Therefore, we should consider the idiosyncrasies in metadiscourse of each L1 group when assessing L2 learners based on their language performance.

 因みに、この論文は、以前出版したInvestigating metadiscourse markers in Asian Englishes: A corpus-based approachという論文の続編です。