2015-04-12から1日間の記事一覧

データのばらつきを視覚化する (1)

r

データのばらつきを視覚化する場合、箱ひげ図がよく用いられます。箱ひげ図では、最小値、下側ヒンジ、中央値、上側ヒンジ、最大値という5つの要約統計量が視覚化されるため、データのばらつきを直感的に理解することができます。今回は、irisデータにおける…