2017-03-28から1日間の記事一覧

2016年度の総括

今年度は、おかげさまで単著を出せましたし、英語論文もいくつか書けましたので、まずまずの出来ではないかと思っています。これに満足せず、来年度を今年度以上に生産的な年に出来るように頑張りたいと思います。 著書 小林雄一郎 (2016). 『Rによるやさし…