dh

Investigating the chronological variation of popular song lyrics through lexical indices

Journal of the Japanese Association for Digital Humanitiesに以下の論文が掲載されました(こちらからダウンロードすることができます)。 Yuichiro Kobayashi, Misaki Amagasa, & Takafumi Suzuki (2017). Investigating the chronological variation of…

人文科学とコンピュータシンポジウム 「じんもんこん2016」

dh

来たる12月9~11日、国文学研究資料館・国立国語研究所にて、情報処理学会の人文科学とコンピュータシンポジウム 「じんもんこん2016」が開催されます。今年のテーマは、「人文学情報の継承と進化〜ビッグデータとオープンデータの潮流の中で〜」です。投稿…

人文情報学の方法論に基づく歌詞の体系的分析

『人文情報学月報』の第53号に「巻頭言」を書かせて頂きました。基本的には、じんもんこん2015で報告した研究内容に基づいています。 小林雄一郎 (2015). 「人文情報学の方法論に基づく歌詞の体系的分析」 『人文情報学月報』53. Online.

人文科学とコンピュータシンポジウム 「じんもんこん2015」

dh

来たる12月19〜20日、同志社大学京田辺校地にて、情報処理学会の人文科学とコンピュータシンポジウム 「じんもんこん2015」が開催されます。今年のテーマは、「じんもんこんの新たな役割 〜知の創成を目指す文理融合のこれから〜」です。投稿申込締切は、9月…

イベントレポート「人文科学とコンピュータ研究会 第105回研究発表会」

dh

今月発行の『人文情報学月報』第43号に人文科学とコンピュータ研究会第105回研究発表会(2015年1月31日)のイベントレポートを執筆させて頂きました。 小林雄一郎 (2015). 「イベントレポート(1)情報処理学会『人文科学とコンピュータ研究会 第105回研究発…

若手研究者の研究環境とCHの未来

dh

来たる1月31日(土)、大阪国際大学で第105回人文科学とコンピュータ研究会が開催されます。そこで、企画セッション「若手研究者の研究環境とCHの未来」(仮)のパネリストの1人として登壇させて頂きます。*1 上阪彩香「古典文を対象とした計量的研究の現状…