読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年度の総括

 2014年度は、就職活動や授業準備に追われてしまい、それほど研究に集中できませんでした。2015年度は、量的にも質的にも充実した研究成果を出せるように頑張りたいと思います。

  • 著書
    • 末吉正成・里洋平・酒巻隆治・小林雄一郎・大城信晃 (2014). 『Rではじめるビジネス統計分析』 翔泳社. (第7章「テキストマイニングを行う」(pp. 303-334) を執筆)
    • 岸江信介・田畑智司 (編) (2014). 『テキストマイニングによる言語研究』 東京: ひつじ書房. (「メタ談話標識を素性とするランダムフォレストによる英語科学論文の質判定」(pp. 137-151) を執筆)
  • 査読つき論文
    • Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe (2014). A machine learning approach to the effects of writing task prompts. Learner Corpus Studies in Asia and the World, 2, 163-175.
    • Yasutake Ishii, Satoru Uchida, Kyoko Hayashi & Yuichiro Kobayashi (2014). An analysis of three collocations dictionaries for learners of English. Lexicon, 44, 24-53.
    • Yuichiro Kobayashi (2014). Computer-aided error analysis of L2 spoken English: A data mining approach. Proceedings of the Conference on Language and Technology 2014, 127-134.
  • 査読なし論文
  • 国際会議
    • Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe (31st May, 2014). A machine learning approach to the effects of writing task prompts. Learner Corpus Studies in Asia and the World (LCSAW) 2014 (at Kobe University)
    • Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe (22nd July, 2014). How do L1 and proficiency level influence L2 written production? Teaching and Language Corpora (TaLC) 11 (at Lancaster University)
    • Yuichiro Kobayashi (17th August, 2014). Exploring error patterns in L2 spoken English with data mining techniques. Pan-Pacific Association of Applied Linguistics (PAAL) 2014 (at Waseda University)
    • Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe (27th September, 2014). The similarity and difference between human scoring and automated scoring. Applied Linguistics Association of Korea (ALAK) 2014 (at Sangmyung University)
    • Yuichiro Kobayashi (14th November, 2014). Computer-aided error analysis of L2 spoken English: A data mining approach. 5th Conference on Language and Technology (at DHA Suffa University)
    • Yuichiro Kobayashi (6th March, 2015). A corpus-based contrastive analysis of L2 metadiscourse. Language in Focus 2015 (at Lykia Lodge Kapadokya)
  • 国内会議
    • 林雄一郎 (2014年12月20日). 「習熟度尺度におけるレベル分割点の決定―統計的シミュレーションを用いて」 外国語教育メディア学会関西支部メソドロジー研究部会 2014年度第3回研究会 (於 沖縄県青年会館)
    • 林雄一郎 (2015年1月31日). 「デジタル技術は人間の知性を再現できるか?―自動採点システムの現状と課題」 情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会 第105回研究発表会 (於 大阪国際大学
    • 林雄一郎 (2015年3月21日). 「Rによるソーシャルデータ分析手法の検討」 ソーシャル・コンピュテーション研究会 第2回研究例会 (於 首都大学東京
広告を非表示にする