stringrを使った文字列処理 (2)

 今回も、stringrパッケージを使った文字列処理を紹介します。まず、大文字と小文字の置換を行うには、str_to_upper関数、str_to_lower関数、str_to_title関数が便利です。

# パッケージの読み込み
library(stringr)
# 大文字と小文字の置換
x <- "R is a free software environment for statistical computing and graphics."
str_to_upper(x)
str_to_lower(x)
str_to_title(x)

 上記のスクリプトを実行すると、以下のような結果が得られます。

#_str_to_upper
[1] "R IS A FREE SOFTWARE ENVIRONMENT FOR STATISTICAL COMPUTING AND GRAPHICS."
# str_to_lower
[1] "r is a free software environment for statistical computing and graphics."
# str_to_title
[1] "R Is A Free Software Environment For Statistical Computing And Graphics."

 また、str_trim関数を使うと、文字列の始めと終わりにある空白を削除することができます。

# 文字列の始めと終わりにある空白を削除
y <- " I have a pen. "
str_trim(y, side = "both")

 上記のスクリプトを実行すると、以下のような結果が得られます。

[1] "I have a pen."

 そして、word関数を使うと、単語に分割されていない文字列ベクトルから任意の位置にある単語を切り出すことができます。

# 単語の切り出し
word(x, 1)
word(x, 2)
word(x, 1 : 2)
word(x, -1)
word(x, -1 : -3)

 上記のスクリプトを実行すると、以下のような結果が得られます。

# word(x, 1)
[1] "R"
# word(x, 2)
[1] "is"
# word(x, 1 : 2)
[1] "R"  "is"
# word(x, -1)
[1] "graphics."
# word(x, -1 : -3)
[1] "graphics."  "and"  "computing"