読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Second International Symposium on EFL Writing in East Asia

ling corpus

 来たる10月31日(土)、東京大学でSecond International Symposium on EFL Writing in East Asiaが開催されます。これは、「第二言語ライティング研究の現代的課題と解決のための将来構想―東アジアからの発信―」という科研プロジェクト(基盤研究B、代表者: 大井恭子)の最終年度の成果報告会です。主なプログラムは、以下の通りとなっています。ご関心のある方は、是非お越しくださいませ。

  • 大井恭子「開会挨拶」
  • 成田真澄、阿部真理子、小林雄一郎「学習者コーパス班からの研究報告」
  • 保田幸子、板津木綿子、大井恭子、ベヴァリー・ホーン「実態調査研究班からの研究報告」
  • Yeon Hee Choi, "Pedagogical and Institutional Context of Secondary and Tertiary SLW Education in Korea: Historical Development and Issues"
  • June Yichun Liu, "Re-examining Issues of English Writing Education in Taiwan"
  • Icy Lee, "Teaching, Learning and Assessing Writing in Hong Kong Schools"
  • パネルディスカッション "Towards constructing a framework for teaching EFL writing in East Asia"(仮)

f:id:langstat:20150816204813p:plain