外国語教育研究におけるスピーキングとライティングの自動採点・評価

 来たる3月19日(土)、早稲田大学CCDL研究所第1回シンポジウム「外国語教育研究におけるスピーキングとライティングの自動採点・評価」が開催されます。主なプログラムは、以下の通りです。皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております(参加申し込みはこちらから)。

  • 今井新悟 「SJ-CAT (Speaking Japanese Computerized Test)の開発」
  • 林雄一郎 「学習者コーパス機械学習に基づく自動評価システムの改良」
  • 近藤悠介 「評定者の信頼性から考える自動採点の必要性」
  • 杉田由仁 「タスクに基づくライティングテストにおける自動評価採点システムの開発」
  • 石井雄隆 「データマイニングと外国語教育の接点としての自動採点研究」

(2016年3月21日追記)私の発表資料「学習者コーパス機械学習に基づく自動評価システムの改良」をこちらで公開しています。