読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年度の総括

 今年度は、おかげさまで単著を出せましたし、英語論文もいくつか書けましたので、まずまずの出来ではないかと思っています。これに満足せず、来年度を今年度以上に生産的な年に出来るように頑張りたいと思います。

  • 著書
  • 査読つき論文
    • Yuichiro Kobayashi (2016). Investigating metadiscourse markers in Asian Englishes: A corpus-based approach. Language in Focus: International Journal of Studies in Applied Linguistics and ELT, 2(1), 19-35.
    • Yuichiro Kobayashi (2016). Heat map with hierarchical clustering: Multivariate visualization method for corpus-based language studies. NINJAL Research Papers, 11, 25-36.
    • Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe (2016). Automated scoring of L2 spoken English with random forests. Journal of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics, 20(1), 55-73.
    • Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe (2016). A corpus-based approach to the register awareness of Asian learners of English. Journal of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics, 20(2), 1-17.
    • Kiyomi Chujo, Yuichiro Kobayashi, Atsushi Mizumoto, & Kathryn Oghigian (2016). Exploring the effectiveness of combined web-based corpus tools for beginner EFL DDL. Linguistics and Literature Studies, 4(4), 262-274.
  • 査読なし論文
    • (なし)
  • 国際会議
    • Yuichiro Kobayashi, Misaki Amagasa, & Takafumi Suzuki (2016). Investigating the chronological variation of lyrics of popular songs through lexical indices. International Quantitative Linguistics Conference 2016 (at Europäische Rechts Akademie, Germany)
    • Yuichiro Kobayashi & Akira Murakami (2016). Contrastive analysis of L2 speech and writing: A multi-dimensional approach. Asia Pacific Corpus Linguistics Conference 2016 (at Beihang University, China)
    • Yuichiro Kobayashi & Akira Murakami (2017). Variation across L2 speech and writing: A multidimensional study. Language in Focus 2017 (at Kaya Artemis Resort, Cyprus)
  • 国内会議
    • 林雄一郎 (2017). 「過去40年間の流行歌の歌詞から見る言語意識の変化」 ソーシャル・コンピュテーション学会 第6回研究例会(於 首都大学東京
    • 林雄一郎 (2017). 「多変量データの可視化手法の比較」 統計数理研究所言語系共同利用研究グループ公開セミナー「言語研究と統計2017」(於 統計数理研究所
    • 黒田航・浅尾仁彦・金丸敏幸・小林雄一郎・田川拓海・横野光・土屋智行・阿部慶賀 (2017). 「言語学は事例をどう扱っているのか?—見本抽出から明らかになった扱い方の(意外な)片寄り」 言語処理学会第23回年次大会 (於 筑波大学
    • 黒田航・阿部慶賀・横野光・田川拓海・小林雄一郎・金丸敏幸・土屋智行・浅尾仁彦 (2016). 「(言語学者による)容認度評定の認証システムを試作する構想」 日本認知科学会第33回大会(於 北海道大学
  • その他
広告を非表示にする