2017年度の総括

 今年度は、著書を多く出版しました(共著書に関しては、だいぶ前に書いた原稿もありますが)。また、前職時代の研究も一応論文として成仏させることができました (Kobayashi, Amagasa, & Suzuki, 2017; 小林・岡﨑, 2017)。その一方で、現在の職場に移ってからは通常業務が忙しく、新たな研究に向けた種まきが殆どできませんでした(反省)。来年度や再来年度は業務が一層激化することがほぼ確実で、絶望的な状況ではありますが、何とか頑張っていきたいと思います。

  • 著書
  • 査読つき論文
    • Yuichiro Kobayashi (2017). Developmental patterns of metadiscourse in second language writing. Journal of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics, 21(2), 41-54.
    • Yuichiro Kobayashi, Misaki Amagasa, & Takafumi Suzuki (2017). Investigating the chronological variation of popular song lyrics through lexical indices. Journal of the Japanese Association for Digital Humanities, 2, 90-107.
    • 林雄一郎・岡﨑友子 (2017). 「中古における接続表現の統計的分析―指示詞を構成要素とするものを中心に」 『国立国語研究所論集』13, 65-77.
  • 査読なし論文
    • (なし)
  • 国際会議
    • Yuichiro Kobayashi (26th July, 2017). Developmental patterns of metadiscourse in second language writing. Corpus Linguistics 2017 (at the University of Birmingham, UK)
    • Yuichiro Kobayashi (10th August, 2017). Automated speech scoring: A text classification approach. Conference of the International Federation of Classification Societies 2017 (at Tokai University, Japan)
    • Mariko Abe, Yasuhiro Fujiwara & Yuichiro Kobayashi (5th October, 2017). Tracking L2 language development through construction of a longitudinal spoken learner corpus. Learner Corpus Research 2017 (at EURAC Research, Italy)
  • 国内会議
  • 講演・セミナー・ワークショップ