2018年度の総括

 今年度は、昨年度以上に校務が忙しく、あまり研究に時間を割くことができませんでした(時間がないというよりは、精神的に疲れて研究をする意欲が下がっていたという方が正確かもしれません)。部署内の人数が大幅に減ることにより、来年度も激務が予想されますが、細々とでも研究を続けていきたいと思います。

  • 著書
  • 査読つき論文
    • Masumi Narita, Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe (2018). Recurrent multiword combinations in L1 and L2 argumentative essays. Asian EFL Journal, 20(1), 250-275.
    • 中條清美・濱田彰・小林雄一郎・Michelle Johnson (2018). 「英語初級者向け教育用例文コーパスSCoREの英文難易度評価」 『日本大学生産工学部研究報告B』51, 27-36.
    • 中條清美・濱田彰・若松弘子・小林雄一郎・横田賢司・内山将夫・赤瀬川史朗・Michelle Johnson・西垣知佳子 (2018). 「教育用例文コーパスSCoRE第4次開発」 『日本大学生産工学部研究報告B』51, 1-12.
  • 査読なし論文
    • (なし)
  • その他の文章
    • 林雄一郎 (2018). 「ライティングの自動採点で語順はどのように扱われるか」 『英語教育』 67(2), 32.
  • 国際会議
    • Yuichiro Kobayashi (15th February, 2019). Second language discourse in Asian Englishes: A corpus-based approach. CamTESOL 2019 (at Institute of Technology, Cambodia).
    • Yuichiro Kobayashi, Yusuke Kondo & Mariko Abe (17th September, 2018). Predicting EFL learners’ oral proficiency levels in monologue tasks. Asia Pacific Corpus Linguistics Conference 2018 (at Sunport Hall Takamatsu, Japan)
    • Mariko Abe, Yusuke Kondo & Yuichiro Kobayashi (11th July 2018). Constructing a longitudinal learner corpus. The 12th International Free Linguistics Conference (University of Malaya, Malaysia)
    • Mariko Abe, Yusuke Kondo, Yuichiro Kobayashi, Akira Murakami & Yasuhiro Fujiwara (20th July, 2018). Initial findings from a longitudinal learner corpus: A year-long development of L2 speaking performance. Teaching and Learning Corpora 2018 (at the University of Cambridge, UK)
    • Kiyomi Chujo, Atsushi Mizumoto, Yuichiro Kobayashi, Akira Hamada & Kathryn Oghigian (19th July, 2018). Evaluating the appropriateness of the sentence corpus of remedial English to benefit beginner level EFL students. Teaching and Learning Corpora 2018 (at the University of Cambridge, UK)
    • Yusuke Kondo, Mariko Abe, Yutaka Ishii, & Yuichiro Kobayashi (21st August, 2018). The relationship between word error rate in automatic speech recognition and proficiency of L2 speech. PAAL 2018 (at Juntendo University, Japan)
  • 国内会議
    • 黒田航・横野光・阿部慶賀・土屋智行・浅尾仁彦・小林雄一郎・金丸敏幸・田川拓海 (2019年3月13日). Insights from a large scale web survey for Acceptability Rating Data for Japanese (ARDJ) project. 言語処理学会第25回年次大会(於 名古屋大学
    • 濱田彰・小林雄一郎 (2018年12月15日). 「データ駆動型文法学習を促進する英語例文の特徴―学習者による主観的評価のモデリングから」 英語コーパス学会DDL SIGシンポジウム 2018(於 早稲田大学
  • 講演・セミナー・ワークショップ