2016-12-04から1日間の記事一覧

データのばらつきを視覚化する (2)

r

以前、データのばらつきを視覚化する (1) という記事で、箱ひげ図の上に個々のデータの分布を重ねて描く方法を紹介しました。今回は、rug関数を使って個々のデータの分布を可視化する方法を紹介します。以下、irisデータにおけるsepal length(がくの長さ)…