2020年度に採択された科研費

 本年度は、以下の2つの科研費が採択されました。

  • 基盤研究(C) 「縦断的コーパスを用いたスピーキング力の発達プロセスと発達要因に関する実証的研究 (代表: 阿部真理子) (2020-2023年度、研究分担者)
  • 基盤研究(C) 「古代・現代日本語における指示体系の解明」(代表: 岡崎友子) (2020-2023年度、研究分担者)

 いま気がつきましたが、2018年度と2019年度は、科研費採択の報告をし忘れていたようです。ちなみに、現在継続中の科研費は、以下のとおりです。

  • 若手研究(B)「英文自動評価システムを用いたフィードバックの明示性に関する研究」(代表: 小林雄一郎) (2017-2020年度)
  • 基盤研究(C) 「日本の大学生によるCBT英語スピーキングテスト回答音声データに基づくコーパス構築」(代表: 神澤克徳) (2019-2021年度、研究分担者)
  • 基盤研究(C) 「学習者コーパスと連携した自動採点システムの開発と産出能力に関する測定・評価の検証」 (代表: 近藤悠介) (2018-2020年度、研究分担者)
  • 基盤研究(C) 「日本語現場指示詞の方言差の解明」 (代表: 堤良一) (2017-2020年度、連携研究者)